タクシー事業法

2020東京オリンピック開催決定で経済の成長に期待がもたれる、これを機に下山から登山へと経済が進むといいのだがグローバル経済の中で簡単には方向転換しないだろう、日本の企業・個人は完全に下山の道を歩きこれ以上下がらないようどこかに避難を探しているが下山の道しか見えない、そして労組が求める“同一労働同一賃金”は世界レベルで“平等”に近づく、これはG20の国々が国レベルで平準化に近づくまで続くだろう、低位水準か高位水準かは労組の舵切りにかかっているのだ。国に合った経済と自国民の生活の調和重視の規制を構築する必要がある、しっかりとした規制をすることは悪いことではないタクシーはその先陣を走り続ける。ほんとうか!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

タクシー事業法 への2件のフィードバック

  1. pikao より:

    こんばんは^^
    アベノミクスとか何とかで景気が上昇傾向とか?
    大手のボーナスは今まで以上に多かったような話を聞きますが・・・
    格差がドンドン広がっていってるように思います
    頑張れタクシー業界(*^0^*)~♪

    • billion1 より:

      格差が広がっているのは間違いない、消費税が上がったら
      乗り控えが・・ますます食えないタクシーちゃん

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中