やるのは誰だ?

昨日、6月30日、中目黒のタクシープールに入った時だ、別の会社の同じ仕事の仲間と会った、「おっ、成田さんじゃないですか!久しぶり、いやぁ今でも覚えていますよ“やりたくない事はやるな”って言いきっちゃうんだもの・・・」と昔の学習会の話から最近の情報交換まで話が弾んだ。

「やりたくない事はやるな」5・6年前、産別労組、青年部の学習会で挨拶か感想かで言った言葉だ、あとあとまで問題となった、そこだけ独り歩きするのだよ。

「何てこと言うんだ・そんなこと教えちゃダメだろ・あの席で言っちゃいかんよ」など言われたり聞こえてきたりした・・今でも言われるんか?と一瞬思ったが、仲間いわく「それもそうだな意味はわかる・・がそれをはっきり言われたことに驚いた、」というようなことだった。

わしもそのままの意味で言ったわけではない、話には前後があるのだ、「やりたくないと思ったことはなぜ嫌なのか?どこがダメなのか?よく考えて自分の中でそれを分解してやりたくなるように組み立て直せ、それができるまでやらないでと言う意味、やりたくなるように組み直せなかったり、他の要因でイヤだ、できんと思うことはそれを先に解消してから動きましょうという意味」で話したのだ。

要は主体性。(自分で考え、自分で決め、自分で行動する)を持った運動でないと自分の為にならないよ、やるなら自分が先頭きって楽しくやりましょう!(言われたことだけしかできないロボット人間にはなるなよ)と・・・

組織で動く場合、後輩は「文句を言わず、言われたとおりにやればいい、後で意味が分かるよ、あなたの為だ」的な仕事観が気に入らなかったのだ、わし。

今でも考えは同じだと思う、俺のことは俺が決める、みんなの為に社会の為に嫌でもやる?なぜ嫌なのか?やってから意味が分かるより、やる前に意味が分かりたいのだ、やるのは俺だ!

さてさて、みんながそう思うかは疑問ではあるが・・・

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中